ハタラキアリの徒然日記

働く中で気づいたことについて書くブログです。仕事での「気づき」やビジネス書の書評などを書いています。

指数関数

仕事力は「指数関数」的に伸びます。

価格における指数関数的

私はゲームが好きです。ゲーム好きは結構な確率でパソコン好きです。

低性能なパソコンから中性能なパソコンへと買い替えると、価格差のわりに大きく性能が向上します。

しかし、中性能なパソコンから高性能なパソコンに変えかえるときは、結構高くなったにもかかわらず、性能差を体感することはあまりできません。

より高性能なパソコンになるほどそれが顕著です。

f:id:ndel:20170326211916p:plain

パソコンの価格は、性能に対して指数関数的に伸びていくのです。

仕事力における指数関数的

仕事ができない人というのは、スキルセットもなく仕事が遅いくせに、わずかな残業にもすぐ愚痴を言います。

しかし、仕事がそこそこできる人には、そこそこのスキルセットに加えて仕事も早く、適正な範囲の残業なら厭わないひとが多いでしょう。

もっと仕事ができる人になると、仕事で必要になるスキルセットやマインドセットに加えて、他業界のことまでよく知っていたり、本業ではないはずのスキルまでたくさん持っています。仕事スピードが速いので自分の仕事などあっという間に終わるのですが、わざわざ残業をしてより多くの仕事をこなしていきます。

できるビジネスパーソンほど、指数関数的にスキルセットやマインドセットが充実しているのです。

努力における指数関数的

簡単なことはすぐにわかるけれど、難しいことはなかなかわからないと考えていらっしゃる方がいます。

理学系の学問などはそうなのかもしれませんし、学者レベルとなってくると、わずかな進歩に莫大な研究が必要となるのでしょう。

しかし、一般的な勉強や仕事においてはそうではありません。

基礎が一番難しい一方で、基礎さえかたまってしまえばあとはぐんぐん成長していきます。

f:id:ndel:20170326211938p:plain

基本的なマインドセットさえ整ってしまえば、スキルを身につけていくのは簡単なことですし、スキルが豊富になって本業の仕事が早く終われば、追加的なスキルを身につける時間はいくらでも生み出せます。

追加的なスキルやノウハウがあればさらに仕事がはかどるので、誰よりも多くの仕事をこなしつつ、誰よりもプライベートが充実しているということもあり得るのです。

すなわち、仕事力は、努力量に対して指数関数的に伸びていくのです。

広告を非表示にする