ハタラキアリの徒然日記

働く中で気づいたことについて書くブログです。仕事での「気づき」やビジネス書の書評などを書いています。

Mastodon(マストドン)の使い方|pawoo.netはなぜ隔離されたか?

ネット界隈ではMastdonなるSNSが流行っているようです。使ってみたついでに動画も取りましたのでぜひご覧ください。

トピック「Mastodon」について

早速使ってみました。

ほかのサイトとはできるだけ異なる視点で書けるように心がけました。

Mastodon(マストドン)はどのようなSNSなのか?

SNSといわれると、FacebookやTwitterを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、FacebookやTwitterとMastodonは構造的に異なる点があります。

f:id:ndel:20170416021611p:plain

Mastodonは、システム自体は誰でも利用できるようになっています。

この点では、FacebookやTwitterよりもWordpressなどに近いといえます。

(ワードプレスについては*1

このため、Mastodonはブログのように誰でも作れます。

国内のMastodon(マストドン)は誰が運営しているのか?

先述のとおりだれでも作れますから、いくつかのMastodonが存在します。

代表的なのは mastodon.cloud や mastodon.social です。

mastodon.cloud

国内では、Twitterユーザーのぬるかるさん*2が作成した mstdn.jp が活発になっています。

mstdn.jp

また、画像投稿サイト大手のpixiv社が pawoo.net を設立しています。

pawoo.net

ブログと同じですから、サーバを借りて誰でも運用できます。

将来的には、小規模なMastodonが大量に作られるということになります。

Mastodon(マストドン)は現在どのようになっているのか?

これについては他サイトでもいろいろと取り上げられていますから、簡単に説明しておきます。

  1. 世界中で使用されているが、大規模なのはまだ1桁個くらい

  2. ものの数日間で mstdn.jp が世界最大のMastodonになった

  3. pawoo.netはアダルト画像がアップロードされすぎて隔離された

1つ目は文字どおりです。

2つ目はなかなか日本のネットらしい状態ですね。

ISISのときもやたらとコラ画像を作ったりキャラクターを作って全力でSEOを行ったりと、何とも言えないインパクトを与えてきました。

3つ目についてはMastodonの仕組みについて理解する必要があります。

pawoo.netは閉鎖されるのか

Mastodonは、ブログのように各サイトが独立して存在する一方で、すべてのサイトが1つにつながっています。

閉鎖ではなく隔離

隔離されるというのは、サイト自体が閉鎖されるのではなく、ほかのサイトとのつながりが失われるということを意味します。

f:id:ndel:20170416025152p:plain

ただし、実際につながりをもたないかどうかは、各サイトの運営者の一存によって決まっているようです。

そのため、pawoo.netに対して反対の立場をとるmastodonサイトの運営者はpawoo.netとのつながりを遮断しますが、そうでない運営者は遮断する必要がありません。

どうやら各運営者によって独立して運営されているようです。

なぜ隔離されるのか

Webサイト上に違法のコンテンツ(アダルト画像など)をアップロードして公開した場合、どの国の法律で誰が裁かれるかという話になります。

シンプルにいえば、Webサイトのサーバーがある国の法律によって、アップロードした人が裁かれます。

すなわち、日本国内で合法なものが海外で違法だった場合、日本のサーバーにアップロードするのは合法で、海外のサーバーにアップロードするのは違法ということになります。

ここで問題になるのが、Mastodonの仕組みです。

他国のサーバーにアップロードされた画像が、「連合タイムライン」というMastodon全体のタイムラインに流れてしまうからです。

f:id:ndel:20170416112647p:plain

タイムラインを通じた取得を「Mastodonの管理者が公開した」ととらえられた場合、管理者は不本意に法を犯すことになってしまいます。

これが、pawoo.netを隔離すべきかという議論の論点です。

Mastodonの使い勝手は?

現段階では何とも言えないという状態です。

きわめて早いペースでメッセージのやりとりが行われており、SNSというよりはネットゲームのチャットや勢いの大きな2chというイメージが強いです。

実際に使ってみたところを撮影しましたので、もしよければご覧ください。

*1:世界で最もよく使われているCMS(Contents Management System)の1つ。ブログを作成するときに使うシステムです。

*2:twitter.com